ネガティブ情報リストに記載される信用情報

ネガティブ情報は、別名ネガティブリストとも呼ばれています。ここには、クレジットカードやローンなどでマイナスの事実がある場合に記載されるのです。個人情報には総括として個人信用情報があるのですが、一つでもマイナスな要素があった場合には、マイナス情報として紐付けられることになります。

マイナス情報としてはクレジットカードでの購入履歴、カードローンでの利用履歴などで不払いや支払いの遅延、滞納などが合った場合に記載されますし、また自己破産や任意整理といった事象が合った場合も、当然記載されることになります。

ネガティブ情報に記載されている場合、クレジットカードなどの入会時の審査において信用情報調査機関からの照会があります。よってここに記載されていたら、まずその時点で審査はアウトということになるのです。

ネガティブ情報には、どの程度で何が記載されているのかは開示されていません。一般的に不払いなどは当然のこととして記載されるのですが、細かいところではどこまで記載しているのかはわからない状態です。

たとえばリボ払いやキャッシングをしている人は、通常ではお金に困っている人という見方をします。このような人たちも記載されているかどうかというのは、気になるところです。

もっとも、きちんと滞納なく返済していれば何も問題はないのかもしれません。これはカード会社もリボルビングなどを利用してもらうほうが利益になりますし、利用を勧めているという現状もあるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ