実際にはありえないノンオンアス取引が成立するわけ

ノンオンアス取引というのは、クレジットカード発行者であるイシュアーと、加盟店契約会社であるアクワアイラーが異なっている場合の取引です。例えば、VISAカードの加盟店であるお店で飲食をした利用者が、マスターカードで決済した場合がこれにあたります。

対して、クレジットカード発行者と加盟店契約会社が同じカードであれば、オンアス取引ということになります。普通に考えてはありえないような取引ですが、VISAやマスターカードなどの国際カードでは、裏側で信用情報並びに決済情報を結びつけているために可能となっているのです。

イシュアーは、決済のライセンスを取得することでクレジットカードに付帯させています。それに対してアクワイアラーはそのカードを使えるお店、つまり加盟店を増やしていく役割があるのです。カード利用によるショッピングが行われた場合、アクワイラーが決済を代行し、加盟店は売上金額の数%を加盟店手数料として支払います。

さらにその手数料の一部が、イシュアーに支払われるという仕組みになっているのです。
利用者にとっては、このイシュアーとアフワイアラーが異なっていても金額が変わることがありませんから、結果として何の影響を受けることはありませんが、ポイントの付与は期待できませんからそのあたりは注意しましょう。

また、このノンオンアス取引が可能なのは、カード会社が直に加盟店契約を結ばない業種に対して、決済サービスを代行する業者が存在するからに他なりません。この業種としてはアダルト系、出会い系、情報商材系などがこれにあたりますし、詐欺業者も海外の代行業者を利用することが多く、それらの取引もノンオンアス取引なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ