クレジットカード番号に含まれる発行者識別番号

発行者識別番号は、別名をBINコードとも呼ばれています。クレジットカード番号を構成している、先頭の6桁がこれにあたります。これでカード会社を識別していて、この中の最初の1桁目は主要産業識別子と呼ばれ、カード会社が属している業態によって割り当てられているのです。

カードには意味のあることが多く、それだけで所有者の個人情報のアクセスすることができるので、取り扱いには注意が必要ということですね。
一般的にクレジットカードはこの6桁と最大12桁の会員口座、そして最後の1桁がチェックデジットとなっていて、この3者はそれぞれに役割を持っています。

クレジットカードの桁数はブランドによって異なり、馴染みのあるJCBカードやVISAカードは16桁です。発行者識別番号の役割は、文字通り発行者を特定するためのものです。カード会社が属している業態によって割り当てが決まっていますので、最初の数字が3であれば、Travel and entertainment(旅行/エンターテイメント)ということになります。

一般的にも馴染みの深い、交通系や流通系のクレジットカードなどもここに分類されているのです。2桁目は業態分類コードということで、カードハック会社が銀行または小売業なのかを意味しているのです。残りの3桁目から6桁目までの4桁の数字で、カード発行会社を特定することが可能です。

クレジットカードというのは以上のことから、カード会社の情報である発行者識別番号がまず先にきて、その後に利用者の会員番号と続き、さらに紐付きを表すチェックデジットで構成されているということが分かります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ