クレジットカード利用での購入には販売承認が必要

クレジットカード加盟店がクレジット会社に対して、買い物をした利用者の与信照会をすることを販売承認と呼んでいます。これは、別名をオーソリゼーションとも呼んでいて、利用者がクレジットカードを利用して買い物をする際、あるいはサービスを利用する際にそのカードが利用可能かどうかのチェックを、クレジット会社に対して行うものなのです。

ある一定の金額以上の利用となると、本当に与信が可能かどうかのチェックを行わなければいけないため、クレジット会社に照会して、オーソリゼーションコードと呼ばれる承認番号を発行してもらうことが義務づけられています。

この処理は利用者を待たせてはいけないので、専用端末を利用してオンラインで迅速に販売承認を得る処理をすることになりますが、場合によってはクレジット会社に直接電話連絡をして処理をすることもあります。

販売承認は、不正利用を防止するために必要です。不正利用とは通常では考えられないことですが、支払う気も無いのにカードを利用して買い物をする場合、または盗難などで利用される場合などです。クレジットカードは、本人でしか利用はできません。たとえ家族であっても、夫婦であっても、1枚を共有することはできないのです。

そのために、サインによる照合などもよく行われています。しかし、この方法もネット通販など、インターネットを利用した買い物には効果がないことも課題となっていますし、店頭でもなかなか浸透していないのが現状と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ