本会員の審査で作成可能なファミリーカード

クレジットカードは本人に対して1枚発行されるものですが、ファミリーカードは本会員の家族に発行されるものです。これを家族会員と呼んでいます。ですから、発行には本会員が申し込みをしなくてはいけません。

たとえば、本人の配偶者あるいは子供を家族会員にしたい場合、専用の申込用紙が送られてきますので、それに記入して返送します。通常は会員に対しての審査になるのですが、家族会員の信用情報ではなく、本会員の信用情報が適用されます。ですので、本会員の信用情報に問題がなければ審査はパスされ、発行ということになるのです。

ファミリーカードでは、本会員が指定している口座からの引き落としとなります。ショッピングやキャッシングなどの限度額は、元々の本会員の限度額が発行した家族全員のトータルの限度額となる場合がほとんどです。場合によっては、限度額が再設定されることもあります。

利用による請求書は本会員当てに届くようになっていますが、利用明細ごとに分かれているのが一般的です。本会員が年会費無料であっても、ファミリーカード一枚に対していくらかの年会費がかかるということもありますし、本会員同様無料ということもあります。

また、未成年の家族に対しては発行ができないとする場合や、高校生でも発行できるといった場合もあり、ここはクレジット会社によってまちまちであるといえるでしょう。いずれにしても一人一人が作成するよりも簡単であり、生計を一にする場合ではもっとも有用性のある体系といえるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ