防犯に効果的な写真付きクレカのフォトカード

クレジットカードの中には、本人の顔写真を入れているものもあります。これをフォトカードと呼んでいて、日本では三井住友系のクレジットで導入されています。写真が入っていることでのメリットとしては、防犯効果が挙げられるでしょう。

本人が利用することが原則ですから、本人かどうかの確認は写真を見れば一目でわかります。このように便利に見えるのですが、実際はそれほど普及しているとは言えないのが状況です。

クレジットカードは常にデザインが変更されていて、それは個々の会員には更新のときに新しいデザインのものが配布されています。フォトカードを採用しているクレジット会社も、デザイン変更などを理由に写真を入れることを廃止することも少なくありません。

表向きの理由はそうなのですが、実際の理由は、写真が入っていても近年急増してきたネット通販では本人確認にはまったく効果がないということです。このことから、セキュリティ上の役割が低下したことは否めず、写真の入ったものを終了するというクレジット会社が少なくありません。

フォトカードはそれ自体がステータスとなりますし、海外でのショッピングなどにはとても効果があります。ただし、写真入りとはいってもそれが身分証明書の代わりになるということはありませんので、その点は注意が必要です。

そして、顔写真入りということでデメリットがあるということはないので、作れるのであれば便利なものであることは間違いないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ