個人情報におけるマイナス要素のないポジティブ情報

ポジティブ情報は、ホワイトインフォメーションとも呼ばれています。個人の信用を表す言葉で、名前からも分かるようにマイナス要素のない利用者インフォメーションのことです。

これはその人の過去の購入履歴、キャッシングなどの利用履歴などにおいて、延滞による支払い遅延や不払いということがなく、もちろん自己破産や債務整理などの自己記録が一切無いもののことです。これはまさにネガティブインフォメーション、あるいはブラックインフォメーションと対角にあるものといえるでしょう。

一般的に、クレジットカードの申し込みが初めてということであれば、ポジティブ情報は何もなく文字通り真っ白な状態といえる状態です。その場合は、申込者の収入や勤続年数、家の状況などがクレジットカード作成の審査の判断になります。

また、何枚目かのクレジットカードの申し込みとなった場合は、過去の利用履歴や収入など個人信用機関に登録されたもので与信判断が行われているのです。
ポジティブ情報に名前が記載されているということは、それだけで与信判断には有利に働きます。

一般的にクレジットカードでのショッピングや、キャッシングのない人が優良だという判断がされるように思われがちですが、実際はそうではなく、借りても延滞無くきちんと返済する人のほうで評価が高くなる傾向にあります。

そのほうがカード会社にとっては儲かることになりますし、大事なのはクレジットカードをいかに有効に利用しているかということになり、それが与信判断に有利に働くということなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ