個人信用情報でブラック情報と対になるホワイト情報

ホワイト情報はポジティブインフォメーションとも呼ばれていて、クレジットカードの利用やローンなどで、マイナスとなるような要素が一つもない利用者インフォメーションのことです。

また、当然ですが、過去のクレジットカードと利用してのショッピング履歴や、キャッシングなどでの支払いについて延滞や支払い遅延、あるいは不払いが全くないものを指します。

また、自己破産や債務整理といった自己記録なども一切ないもので、逆にこれらが記載されている情報をブラックインフォメーションと呼んでいて、俗にブラックと言っているのはこれを指しているのです。

クレジットカードの申し込みにおいて、与信情報として信用調査機関は、このホワイト情報に記載されていることを審査パスの条件としています。クレジットカードの申し込みが初めてで、過去にローンなどの利用履歴がない場合では申込者のものは文字通り真っ白ということで、これはマイナス要素がないという判断になります。

いっぽうで申し込みが初回ではない場合、利用履歴が何もないものよりも利用履歴があり、そしてそれに対してきちんと支払いを行っていることのほうが重要視されます。

一般的には、ショッピングやキャッシングなどの利用がないほうが優良だと思われるのですが、カード会社にしてみると、利用をたくさんしてもらってそれに対して延滞無くきちんと支払いをしてくれる人が優良者であり、ホワイト情報でも立ち位置は優位にあるといってもいいでしょう。もちろん、審査の際も問題なくパスする人であることは間違いありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ