本人以外が使うカードで権利を有していない無権カード

紛失や盗難などで、そのクレジットカードの持ち主ではない第三者が使用するものを無権カードと呼んでいます。このクレジットを権利の無い人が利用するということはもちろん違法行為であり、つまりは犯罪ということになるのです。

無権カードを防止するには、紛失したことが発覚したときにすぐに会社に連絡して、利用停止をしてもらわなくてはなりません。紛失した時刻がわかった場合は、それ以降にカードを使ってのショッピングやキャッシングは無効ということになり、所有者に支払いの義務はないということになります。

ただし、紛失した場合、たいてい連絡先はここに記載されているので、すぐの連絡が無理な場合があるでしょう。

その場合は電話帳でカード会社の電話番号を調べるか、インターネットができるパソコンでクレジット会社のサイトにアクセスして、連絡先を調べるといった対処が必要になります。また、最近ではスマートフォンの普及が進んでいます。

現在では2人に1人はスマホユーザーとなっていますから、クレジット会社への連絡先を調べるのもそれほど面倒ではないかもしれません。それでも、クレジットカードの紛失はいつ起こるかわかりませんし、盗難にいたっては、一度目をつけられると必ず盗まれると言われています。

緊急の際にすぐに対応できるように、日頃からクレジット会社の連絡先は携帯に登録しておかなければいけません。無権カードにならないためにも、普段からの防護策もしっかり考えておいたほうがいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ