無効になったクレジットカード番号が記載された無効番号表

無効番号表は、別名を無効通知リストとも呼ばれています。これは盗難や紛失、延滞などの不払いによる事故によって、無効となったカードの番号を記載しているリストのことです。

これは各会社が不正利用を防止するために定期的に発行しているリストで、加盟店では使用されたものが無効カードとしてリストに登録されていないかをチェックするときにも利用されます。

とはいっても、CAT(クレジットオーソリゼーションターミナル)やCCT(クレジットセンターターミナル)といった端末を利用している加盟店では、端末を通じてオンラインで自動的に瞬時にチェックされるため、この無効番号表をつかって人力で照合するということはありません。

紛失や盗難という状況では、利用者が連絡することでこの無効番号表に登録されます。ですから、紛失して連絡があるまでにこれが使用された場合、状況によってはこれの所有者本人に支払いの義務が生じる場合があります。ですから、紛失したあるいは盗難にあったというときは、速やかにクレジット会社に連絡しなくてはいけません。

とはいっても、そこに記載されている連絡先がわからないということはよくあることでしょうから、日頃からクレジット会社の連絡先などは携帯に登録するようにしたほうがいいでしょう。

手帳などを持つ習慣があれば、記入しておいたほうが何かあったときにも安心です。ただし、事故となったものについては所有者の連絡は必要なく、この会社のほうでリストに記載されるようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ