暗黙の了解で買い物の支払いが全て一定になるリボカード

クレジットをリボ専用というように、いくら買い物をしてもその返済を分割返済にしているもの、あるいは作成時からそのような設定にしているものをリボカードと呼んでいます。店頭で「リボで」と言わなくても、支払いが自動的にリボ払いとなるシステムです。

これは通常のものをネットでの買い物の全ての支払い、あるいはキャッシングの支払いについても、全ての利用金額に対してリボの設定にすることができるのです。
クレジット申し込み時に、リボ専用のリボカードを指定して申し込むことができます。クレジット会社は限られますが、金融系のクレジット会社で主に取り扱っています。

カードのメリットとしては自動的に支払がこれになるのでスムーズな会計が可能ということ、そして月々の返済が一定額であるということ、そしてお金に余裕のあるときは、いつでもコンビニATMあるいは銀行ATMで追加返済が可能ということです。

リボカードの支払いでは月々の支払金額が一定なので、ライフスタイルの計画が立てやすいということが一番のメリットといえるでしょう。もちろん、この支払は危険だという声が多いのも事実です。支払い方法によっては、利息だけを支払っていて元金が一向に減らないということもありえます。

そのあたりはきちんと調整することが大切です。また、分割払いとこれは内容が違いますので、理解しておきましょう。なによりもリボ払いで月々無理のない返済ができるということが、生活をしていくうえで大事であることも見逃せないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ