どれだけ買い物をしても月の支払いが一定のリボ払い

リボ払いというのは、月々いくら買い物をしてもキャッシングしても、その支払いは月々一定の金額という返済方法です。このメリットの第一は、月々の支払金額が一定なので生活費が管理しやすいということです。

よく分割と何が違うのか、という意見も聞きますが、分割回数が決まっていることを分割と呼んでいますので、返済回数が流動的になるものとは、この点で違うということを理解しておきましょう。リボ払いは、その利便性から注目されている分割方法ですが、その功罪も常に指摘されています。

その第一は返済回数をあらかじめ設定する分割方法と違って、残高があるかぎり延々と支払いが続くことから、どの買い物の返済が終わったのかがわかりにくい面があることです。支払金額が一定で生活の計画が立てやすいといった反面、無秩序にクレジットカードを利用すると支払残高が増えていき、延々と返すことを続けていかなくてはいけません。

リボ払いといっても、その方式は一つではなく定額リボルビング、あるいは定率リボルビングという返す方法があり、さらに細分化した返す方法があります。その返済の計算式は複雑で、なかなか理解できないものもあります。

ゆったりとした返済は生活基盤を揺るがせることもなく安定した返済となりますが、まずは返済ありきで、生活を犠牲にしてでもできるだけ早く返済をするという考えもあります。どちらにしても個人の考え方になりますが、リスクなどもしっかりと把握したうえで利用したほうがいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ