利用金額に関係なく月の支払いが一定のリボルビング返済

リボルビング返済は、月々の支払いが支払残高に応じてあらかじめ決められた返済方法となります。これによって、月々の返済額を一定にすることができますので、家計などのやりくりがしやすくなるというメリットがあります。近年はカード会社もこの支払い方法の販促に力をいれています。

それはもちろん収益性がよいということがあるのですが、なによりも利用者のニーズに応えている形となっているのです。リボルビング返済はあまりいい噂を聞かない返済方法なのですが、それは支払い金額の計算が複雑でその計算方法も細かな種類で分かれていて、利用者にはわかりにくいという点があるからでしょう。

結果として毎月の支払金額が一定なので、支払っている分にはそれほど問題がないように思うのですが、利用明細を見ると利息だけを支払っていて、元金が全然減っていないということもありえるのです。

元金が減らないというのは少々大げさですが、まれに元金の減少額よりも利息のほうが大きいという事例もあります。リボルビング返済の賢い利用方法としては、最小金額の支払いではなくなるべく月の返済金額を少しでも上げることでしょう。もちろん返済はきつくなりますが、それは自業自得ということであきらめるのです。

また、手持ち資金に余裕があるときは追加で支払うこともできます。借りたら返すのが基本ですが、借りたらできるだけ早く返すということを心がけると、全く怖いものではないということがわかることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ