クレカで買い物ができる金額の合計額である利用可能枠

クレジットカードの利用可能枠は、そのときに利用できる金額ということになります。全てのクレジットカードには利用限度額が定められており、これはショッピング、キャッシングのいずれでもクレジットカードを利用して、この金額までは利用できるというものです。

ですから、たとえば利用限度額が50万円として、ショッピングに20万円、キャッシングで10万円利用したということであれば、利用額は30万円ということになり、そのときの利用可能枠は20万円ということになるのです。

この枠についてはもっと増やしたいということであれば、申し込みを行い審査に通れば増やすことができます。この場合は利用実績によることが多く、借りすぎているから審査に通らないということではなく、むしろそちらのほうが審査に通りやすいかもしれません。また、使いすぎに注意したいのであれば、これも申し込みを行うことで枠を下方に修正することも可能です。

利用可能枠はクレジットカードを頻繁に利用している人でしたら、買い物の際にあといくら利用できるのか不安になることもあるでしょう。その際は、カードに記載の電話番号で問い合わせてください。多くは盗難などの緊急対応の電話番号となっているのですが、そこで利用額を問い合わせる電話番号を聞くとよいのです。

カードは枠、の中では自由に使っても何も問題はありません。使いすぎで信用が落ちるのではということはなく、むしろ全く利用しないという人のほうが信用度は低いといってもいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ