CATはクレジットカード加盟店で取り扱う信用照会端末

CATはクレジットの世界ではよく使われる言葉で、「Credit Authorization Terminal」の略で、Terminalという言葉からもわかるように、クレジットカード加盟店で使われる信用照会端末のことです。

利用者のカードの有効期限の確認、与信状況の確認がリアルタイムでチェックでき、また、クレジットカードにおける商品・サービスの信用状況など、さまざまな情報をチェックすることができます。CATはNTTデータが運営しているCAFISと接続している末端の端末で、日本独自の規格となっています。

認証のみ、オンラインで行うことができますが、売上決済機能は持っていません。このことから、売上決済には加盟店からクレジットカード会社へ伝票を送付するなどの対応が必要となります。スタンダードなタイプの標準型あるいは旧型とも呼ばれています。

CATのタイプとして、他にはオーソリゼーションのみを行い、売上伝票を作成する機能やデータギャザリング機能を持たないシンプルなものも存在していますし、データギャザリング機能に対応し、さらにオーソリゼーションと売上を決済する機能が同時にできる万能タイプのものもあります。

いずれにしてもカード加盟店にはカード決済にあたってなくてはならないものであることは変わりませんし、仮にないとカード決済に時間がかかり、顧客対応においてかなりのサービス低下に繋がることは必至といえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ