CCTはCAFISと繋がっている信用照会端末

CCTはCredit center terminalの略です。terminariということからもわかるように、クレジットカードの信用照会端末の1つです。ここから、各カード会社独自のクレジットカード情報処理センターに接続し、さらにそこを経由してCAFISと呼ばれるNTTデータが運営するクレジットカード売上代行サービスと接続しています。

このCAFISは利用会社数、利用件数ともに日本最大の決済総合サービスとなっているのです。一般的にCCTは後発の規格となっているので、CATのような日本独自の規格とは異なり、グローバルな規格となっています。ですので全ての信用端末についてオーソリゼーションと同時に、売上決済処理が同時にできるようになっています。

そしてその代表的な端末がVISA系ではSG-T、マスターカード系ではMaster-T、さらにJCB系のJET-Tといったものがあります。
CCTは末端の端末としてカード決済にはとても便利なものです。

そのため、全てのカード加盟店で普及しているのかというと実はそうでもなく、その大きなコスト負担が問題となっていて普及が遅れています。

それでも昨今ではタクシーや宅配便などといった対面で取引を行う現場、これには訪問販売なども含まれますがそのようなところに向けて、モバイル型の端末も用意されており、様々なサービスが行われていることからカード加盟店への普及も加速していくことが予想されているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ