G-CATはデータギャザリング対応型のCAT

G-CATのGはGatheringの略で、オーソリゼーションと同時処理で、売上決済が可能となっています。データギャザリング対応型ということで、従来のタイプのものよりも一歩進んだ便利な機能を持っているといえるでしょう。一般的にこれらはクレジットカード加盟店に設置して利用される信用照会端末のことをいいます。

この端末を利用すると、利用者のカードの有効性や与信状況をリアルタイムでチェックすることが可能で、クレジットカードによる商品の販売、そしてサービスの提供の信用承認を行っているのです。

G-CATのギャザリングについては、聞き慣れないかもしれませんが、商品売買やサービスの提供といった取引発生のたびに、売上データをカード加盟店とカード発行会社の間でオンラインにてデータ交換を行い、売上伝票の授受とは別に売上決済業務を行うシステムのことを表しています。

G-CATはカード加盟店で普及しているものですが、メリットは大きく、従来の電話承認が自動化したと単純に考えても、その恩恵は計り知れないものがあります。カード利用の顧客に対して待たせることなく決済ができるということで、時間短縮はすなわち処理数の増加につながり、それがそのまま売上増につながるというわけです。

導入コストを考えても導入を決断する加盟店が多いのも、うなずけることだと言えるでしょう。ただし、従来の電話回線でのオンライン接続であればスピードの問題はそれほど解決しないかもしれません。導入するのであればコストはかかりますが、専用回線による導入が有力です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ