オーソリゼーションのみを行うシンプル機能のS-CAT

S-CATとはSimple CATの略称で、シンプルという名前からもわかるように、オーソリゼーションのみを行い、売上伝票の作成機能やデータギャザリング機能を持たない信用照会端末のことです。一般的にこの信用照会端末は、クレジットカード加盟店に設置されます。

この端末を利用することで、利用者のカードの有効性や信用状況をリアルタイムかつ、瞬時にチェックを行い、クレジットカードによる商品の売り上げに関することや、サービスの提供などの信用承認を行います。

また、S-CATは利用者がクレジットカードを利用して商品の購入やサービスを受ける場合に、そのクレジットカードが使用可能かといった有効性を瞬時にチェックしています。

オーソリゼーションのみの機能であるため、少々機能性には欠けるということになりますが、本来の重要案件である信用照会が瞬時にできるという点は、加盟店にとってはとても重宝することなのです。その便利さに比べたら売上伝票を自動ではなく、手で作成するのもそれほどの手間ではないのかもしれません。

この信用照会端末はさまざまな信用端末の中で与信情報のみのチェックに注力しています。しかしそのシンプルさが端末の使用にマッチしているといえます。それは壊れにくさを考えても一目瞭然ということではないでしょうか。シンプルさの中に奥深さを実現しているこの端末は、これからもカード加盟店でのシェアをどんどん広げていくことでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ