異動情報に登録されてしまうとお金を借りることができなくなる

クレジットカードでお金を借りてショッピングをするのは、その人が信用状態にあることを指しています。信用できるからこそ、先に商品を購入したと判断してくれるわけです。そのお金は自分でしっかりと返済をしなければなりません。

ただしそれができなくなり、遅延状態が続くと金融事故になり、致命的な金融事故を異動情報といいますが、遅延してから61日目以降です。

結論から言えば、いくら遅延していたとしても、60日以内に返済をすれば異動情報に登録されませんが、金融機関ではこの情報を電話などで回答はしていません。異動の情報を知ってしまうと真似をする人が続出するからです。実際のところ、中身を自分の中で制限をしておくのはとても難しいものです。だからこそ、金融機関はその事実を伝えません。

もし金融事故になってしまった場合には、一切のキャッシング等の審査を通過できません。携帯電話においては3か月以上の遅延があっても問題ないとされている場合もありますが、それもいつまでその状態が続くかは確かではありません。

金融事故の取り締まりは厳しくなることはあっても、緩くなることはありません。最近はスマートフォンの普及も著しくなりましたので、気軽にネットショッピングができるので、クレジットを使う頻度が増してきました。

これらのことを総合的に判断すると、致命的な延滞期間は一定の日数が用意されてはいますが、それを過ぎてしまうのは大きな問題になりますので、常に監視していかなければならない課題になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ