e-walletはプリペイド式の電子マネーで、認証に電話の発信通知を利用します

e-wallet(イーウォレット)はプリペイド式の電子マネーですが、次世代を先取りした認証番号を使用しています。この場合の認証は、電話発信者番号通知なので、IDや暗証番号などは一切不要です。この電子マネーでの買物の料金決済は、利用者がセンターに電話をするだけで完了します。

したがって、ほかの個人情報はまったく使用しないので、漏洩の心配はありません。
e-walletでの課金(支払決済)は1円からの小額課金で、定額/定期の一括支払いも可能なうえに管理ツールを利用すれば返金にも即時対応します。また、代金の決済方法はコンビニや電子マネー、銀行振り込みと多彩です。

これを特に「オールインウォレットサービス」と呼んでいますが、それは決済方法がいくつもあり、それを一元管理することが可能なことが理由です。
e-walletは英語で、日本語では電子財布を意味します。

あらかじめ購入する際には現金が必要になりますが、購入したカード自体が現金と同じなので、現金を入れる財布のようにかさばらず、カード1枚で、しかもお釣りを受け取る手間もかかりませんから、非常に便利です。ただし、注意しておきたいのは、常に残高を確認しておかねばならず、残高が不足すると支払いができないことです。

したがって、このような電子マネーを使ってショッピングをする際には、常に残高の確認をする必要があります。万一紛失した場合でも、拾得者の電話機からでは認証ができないので、他人に利用される心配はありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:電子マネー

このページの先頭へ