オクトパスとは香港で使われるプリペイド方式の電子マネーで、何にでも使えるカードです

香港へ旅行したら必需品と言われるのが、プリペイド方式の電子マネー、オクトパスカードで、買物に乗り物にこのカードを持つことは常識です。言ってみれば、日本のSUICAやPITaPaのようなもので、これがあればタクシーと赤ミニバス以外のほぼすべての乗り物に使うことができるので、小銭要らずで観光が楽しめます。

地下鉄(MTR)やKCRなどに乗る時には、このカードを読み取り機にタッチするだけで運賃の精算ができ、しかも運賃が割引になります。それだけではなく、コンビニやファストフード店、スーパーマーケット、パーキングメーターにも使えるようになっているので、香港市民には必需品と言え、しかも観光客でも簡単に購入することが可能です。

オクトパスは、地下鉄の駅にあるカストマーサービスセンターの窓口で買うことができ、チャージ(プリペイド)の最低金額は、100香港ドルとデポジットの50ドルです。

観光で香港へ旅行する際には、空港のエアポートエクスプレス駅で購入するのが一番手軽だと言われています。乗り物や買い物で使って、残高が少なくなれば再チャージもできますから、まさに財布代わりの電子マネーと言えるでしょう。

さらに空港のサービスカウンターで購入すれば、旅行者向けにはエアポートエクスプレスの乗車券つきのカードもあります。また、通常は現金での購入になりますが、ツーリストオクトパスカードならばクレジットカードでの購入が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:電子マネー

このページの先頭へ