Tマネーとは韓国で使われている電子マネーで乗り物や買い物に広く利用されています

韓国の株式会社、韓国スマートカード社が発行しているTカードは、加盟店での買い物に電子マネーとして使用することができます。

2004年7月に、ソウル特別市で使用が開始された当初は、特定の電車と路線バスの乗車カードとしての利用に制限されていましたが、同年12月からは、コンビニなどの加盟店でも使用できるようになり、便利だと言う評判になり、普及スピードが上がりました。

2005年5月には、新たにモバイルTマネーが発売されましたが、これはNFCを利用して携帯電話にTマネー対応のSIMカードを差し込んで、プログラムをダウンロードする仕組みになっている点が日本のSUICAとは異なります。

韓国が採用している電子技術はオランダのフィリップス社のMifare(マイフェア)と呼ばれる技術で、これは中国の北京やロシアのモスクワなどでも公共交通システムに使われているのです。

なお、この技術と日本がSUICAなどに採用しているFelica(フェリカ)という技術に、直接的な互換性はありません。韓国でこのカードは地下鉄駅の窓口、自動販売機、加盟しているコンビニ、バス停付近の売店で販売されていて、購入時には希望するチャージ金額(1000ウォン単位)以上を支払うことになります。

チャージできる金額は1回につき1000~9万ウォンで、上限は50万ウォンです。日本でのTポイントカードと名称が似ており、混同しやすいので注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:電子マネー

このページの先頭へ