ETCシステムはまず車両検知器からスタート

ETCとは、Electronic Toll Collection System、つまり”電子料金収受システム”の略語で、高速道路の料金支払いをスムーズに行うために作られたものです。支払いには専用のETCクレジットカードが必要となります。

クルマ社会などといわれるほどに発展を遂げている自動車ですが、空いているはずの有料道路での渋滞は重大な問題です。スムーズに目的地に到着することを期待して、わざわざお金を支払って走行するのに、一般道路の方がもしかして早く着いたのでは?と思ったことのある方は大勢いることでしょう。そんな渋滞を解消すべく立ち上がったプロジェクトが、ETCなのです。

料金の支払いを電子化するための一つのアイテムとして、料金所には車両検知器が設置されています。ETCのシステムの中では、車両は車両検知器を一番最初に通過することになります。車両が料金所に侵入するとこの検知器が反応し、通信開始の指示をシステムに送るという役割を担っているのです。

クルマに積んだETC車載器に専用クレジットカードを差し込んでおけば、料金所でいちいち停止することもなく非常にスムーズに支払いを済ませることができ、実際に渋滞は大幅に解消されてきています。

他に車両検知器が使われている身近な例としては、デパートなどの駐車場です。駐車場内に入る前に”空車”、”満車”などと表示されるのは、駐車場内の車両の台数がこの検知器によって把握されているからなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETC

このページの先頭へ