収受ブーススタッフは現在も欠かせない存在

高速道路に欠かせないものの一つが収受ブースといわれる場所です。これは、高速道路の通行料金を受け取るスタッフが待機しているブースのことです。最近では、ずいぶんと”有料道路自動車料金収受システム”が普及したため、スタッフによるこの通行料金受け取り業務は少なくなったものです。

しかし、ETCレーンにおける業務が完全に人手の不必要なものになった、というわけではありません。モニターによる利用者との音声対応や、ETCシステム自体またはレーン内で何らかのトラブルが発生した場合には、この収受ブースにいるスタッフが対応することになるのです。

スタッフがレーン内に入る必要がある場合には、安全確保のため地下通路や屋上連絡通路などを利用してレーン内を横切ることを避けます。

設備構造上、そのような通路がない場合には誘導表示などを切り替えて車両が進入しない措置を講じて対処します。普及してきたとはいえ、まだまだETCシステムを利用したことがないという方も多いのではないでしょうか。利用の際には、車載器に確実に有効期限内の専用クレジットカードが差し込まれ、認証されたかどうかを確認しましょう。

この認証が確実でない場合には、ETCシステムと無線交信ができず、支払いがスムーズに行われません。レーン侵入間際に未挿入に気づき急ブレーキをかけるトラブルも多発していますので注意が必要です。そして、できるだけ早めに運用表示板を確認して該当するレーンに車線を変更するようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETC

このページの先頭へ