路側表示板で案内を確認したらスムーズに通過しよう

高速道路の各レーン内には、路側表示板と呼ばれる電光表示器が設置されています。路側表示板はレーンの側方に設置されており、通行した車両の区分の他さまざまな案内を表示します。この表示板の案内により、ドライバーは高速道路料金の金額や通行の可否を確認します。

平日昼間割り引き、休日特別割り引きといった料金の割り引き制度もできましたが、このような割り引き内容も表示板で確認することができます。

ETCの支払いシステムが広く普及するに伴い、ETCレーンも一般レーンと同様に比較的混雑するようになりました。
安全にレーンを利用するためにも、時速20km以下に減速することを忘れずに行い開閉バーの手前で停車できるようにしておきましょう。表示板が”STOP停車”という表示から、”↑ETC”という案内に変わると開閉バーは開きます。

ドライバーはスムーズにETCレーンを利用するために、レーンに侵入する前に、車両に積んでいるETC車載器に専用のクレジットカードを確実に挿入させ、認証させておくことが必要です。するとカードの内容がETCレーン内の無線により読み込まれ、正常に高速道路料金が支払われることになります。

また、ETC車載器は有効期限が過ぎたクレジットカードであっても認証してしまうので、カードが有効期限内であることをドライバーは確認しておく必要があります。並走や過度のスピードでの走行などは、ETCシステムの通信エラーを発生させ、開閉バーが正常に開かなくなり渋滞や事故の原因となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETC

このページの先頭へ