清算が完了すればETCレーンの開閉バーが開く

高速道路においては、年々ETC(電子料金収受システム)の普及が進み、利用者が増加してくるとともにETC専用レーンにも長い行列が作られる現象がみられるようになりました。

車両に積まれたETC車載器と料金所のETCシステムが無線アンテナを介して、さまざまな情報をやり取りをすることにより高速道路料金を精算するのですが、一番混雑するのが開閉バーの手前となります。

もし、車載器にETCクレジットカードを挿入することを忘れていたり、システム機器に何らかの不具合が生じた場合などはこの開閉バーが開くことはありません。
実際に通信が行われるエリアは、運用表示板の下より手前あたりとなるので、ドライバー側は余裕を持ってしっかりと車載器にクレジットカード情報を認識させておきましょう。

車載器にはあらかじめ、車両のナンバープレート情報やクレジットカード番号が書き込まれています。
これらの情報がシステムに送信され、料金が表示板に案内されます。

万が一、システムがスムーズに行われずに表示板に”STOP停止”の案内が出た場合には、その場で待機して係員の指示に従いましょう。
表示板を確認して安全に停止するためにも、時速20キロメートル以下での走行が必要となるのです。

しかし、現状ではこの速度はなかなか守られていないケースもあり、開閉バーと車両の接触事故が多発していることから、安全対策としてバーが開くタイミングを遅くする取り組みを行っている料金所もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETC

このページの先頭へ