三菱重工業のMOBE-600の特徴とは何か

高速道路を利用するときに、ETCを搭載しようと思っている人もいるでしょう。
このシステムがあれば、料金所の通過もスムーズになります。
三菱重工業では、このETC車載器を製造しており、MOBE-600と呼ばれる製品を販売しています。

MOBE-600は、紫と黒の2つの顔をもっているのが特徴です。
MOBE-600の特徴は、まずラインイルミネーションが付いていることが挙げられます。
車載器にETC対応をしているクレジットカードを挿入しないと、ETC料金所は通過できません。

ETC用のクレジットカードを挿入するときに、手元が暗くて苦労した経験はありませんか?
MOBE-600は、カードスロットの周辺を照らし出してくれます。
その結果、どこにクレジットカードを挿入すればいいのか、一目瞭然となっています。
またMOBE-600には、いろいろなボタンが搭載されています。

このボタンの所をあえて起伏をつけることで、凸凹感を出しています。
このため、ボタンを使って操作をする時に、どこに押したいボタンがあるのかすぐに判断できます。
従来の車載器と比較して、操作性が向上した所も魅力と言えます。

MOBE-600は冒頭で紹介したように、黒と紫の2色で、デザインされています。
高級感のあるデザインとなっているので、車内に設置した時に存在感があります。
いろいろな車種が街中で走行していますが、どのような自動車の内装でもマッチするようなデザインに仕上がっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETC

このページの先頭へ