過酷な状況にも耐えられる日本無線のETC車載器

高速道路を走行するのは、何も自動車に限った話ではありません。
バイクも高速道路を利用することもあります。
もちろんバイクも高速道路を利用する以上、高速料金を支払う必要があります。
そこでバイクの中にも、ETC車載器を設置している車種が出てきています。

バイク用のETC車載器を製造しているメーカーの中の一つに、日本無線という所があります。
こちらの製造している車載器は、とにかく丈夫であることが大きな特徴です。

バイクの場合自動車とは違って、外部にむき出しの状態で車載器を設置することになります。
そこで自動車と比較してバイクに設置する車載器の方が、より厳しい環境の中で使われます。

雨の日などは雨水をもろに受けてしまう可能性があります。
またバイクを運転している時には、振動が発生することも十分あります。
そうすると振動の影響もより受けやすいところがあります。

日本無線の車載器は、防水性や耐振性に優れているところが魅力です。
このため、バイクの上のような厳しい環境でも長く使用できるようになっています。
自動車用のETC車載器の場合、音声やブザーによっていろいろな案内をしてくれます。

バイク用のETC車載器の場合、このような音による案内は実施していません。
しかしインジケータのところに、LEDランプが設置されています。
このLEDランプによって、クレジットカードが挿入されているかどうかなどの基本的な状態について、伝えてくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETC

このページの先頭へ