富士重工業のスバル自動車に純正のETC車載器を搭載しよう

富士重工業と言えば、航空宇宙産業から自動車産業まで、幅広く事業を行っているメーカーを指します。富士重工業という名前ではピンとこないという人もいるかもしれません。しかしスバルと言えば、国内でも最大手の自動車ブランドであることは知っている人も多いのではありませんか?

スバルの自動車を購入しようと思っている人で、高速道路を利用する機会が多いのであれば、ETC車載器を搭載してみることも検討しましょう。
スバルでは、車載器の製造もおこなっています。スバルは長年、自動車の製造を手掛けてきました。

そしてその中で培ってきた自動車製造におけるノウハウを生かして、車載器の製造を行っています。品ぞろえも豊富で、多機能の車載器なども販売されています。
例えば、カーナビと連動している車載器なども販売されています。カーナビと連動させることによって、ETCを通過する際に、ETCの利用料金などの情報が画面に表示されます。

いくら料金負担をするのかを確認しながら、高速道路を利用できるわけです。
スバルで販売している車載器は、2種類に分類されます。まずは、ビルトインタイプのような自動車と一体化しているタイプの車載器が販売されています。

このような車載器であれば、3万円から32000円程度の費用になります。3ピースと言って本体とアンテナが分離しているようなETC車載器も販売されていて、2万円弱で購入することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETC

このページの先頭へ