ETCシステムを支える沖電気工業の技術について

日本全国に、高速道路のETCシステムが普及しています。頻繁に高速道路を利用する人の中には、車両にETCを導入している人も多いのではないでしょうか?ETCシステムを活用することで、料金所で現金などのやり取りをする必要がなくなります。ほぼノンストップで料金所を通過することができ、高速道路の利用時間を短縮することが可能になります。

このシステムは、まず利用者がETC車載器を自動車に搭載します。そして料金所を通過する時には、アンテナがありますので自動車に搭載されている車載器のアンテナと通信のやり取りを行います。

この記録に基づき、走行区間に応じて課金をすることができるのです。車載器には、クレジットカードが挿入されている必要があります。高速道路の料金はその場で負担する必要はありません。料金については、カード会社から後日請求がされ、請求書に応じて利用料金の支払いをします。

このETCシステムを管理しているメーカーの中の一つに、沖電気工業があります。
日本国内のシステムを見てみると、DSRC方式というものが採用されています。専用狹域通信と呼ばれているのですが、沖電気工業は主にこの運営を行っているメーカーなのです。

車載器と道路側のアンテナ双方から通信をするという方法は、すでに紹介しました。このようなシステムにすることで、信頼性を高い状態で維持できます。また大量の情報のやり取りが発生したとしても、確実に情報の処理ができる所も魅力と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETC

このページの先頭へ