アンテナとETC車載器が一体になっている2ピースタイプ

現在販売されているETC車載器は、そのスタイルから3つの種類に分類できます。その中の一つに、2ピースタイプのETC車載器があります。他のタイプの車載器と比較すると、最もデザイン的にシンプルなものと言えます。見た目自体は、車載器一つだけにまとまっていいます。

この中には、情報処理機能やカード挿入部分が内蔵されています。そしてその他に一見すると分かりませんが、専用の料金所で通信のやり取りをするためのアンテナも内蔵されています。ちなみに3ピースタイプの車載器がありますが、こちらの場合アンテナ部分は本体から独立した格好になっています。

このようなタイプの車載器を車内に設置するのであれば、どこに設置するかを慎重に判断しましょう。通常はダッシュボードなどに設置することが多いです。料金所のレーンから見える場所に設置して下さい。そうでないと、料金所の検知器が反応しなくなって、バーが開かなくなってしまう恐れがあるからです。

ダッシュボードに搭載すると、見えにくくなるのではないかと思っている人もいるでしょう。しかし最近の車載器を見てみると、結構コンパクトに作られているものが多いです。このため、視界が妨げられることはまずないと思ってもらって良いでしょう。

ETC車載器にETC専用のクレジットカードを挿入することで、初めて利用できます。ETC車載器とクレジットカードの療法が必要なので、2ピースと呼ばれるわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETC

このページの先頭へ