ETC割引制度の一つ、障害者割引の概要について

高速道路を頻繁に利用する人は、ETCサービスを活用すべきです。ETCサービスを利用することで、いろいろな割引制度が適用される可能性があります。高速道路をより安い価格で利用できるようになります。割引制度には、いろいろなものがあります。その中の一つに、障害者割引制度があります。

通勤や通学、通院などで自動車を利用する障害者の方も多いはずです。このような社会に参加をしようとする障害者のために、自立を支援する意味で割引制度がもうけられています。

ETCの障害者割引制度の条件は、ます身体障害者が自分で運転をして、高速道路を利用する場合に適用されます。もしくは重度の身体障害者並びに知的障害者が同乗する自動車の場合、本人以外が運転する場合でも割引になります。この場合、割引率50%を上限として通行料金が安くなります。

ただしこの制度を利用する場合には、いくつか注意すべきこともあります。
まずは、あらかじめ登録をしておく必要があります。そしてこの登録されている自動車を使って、高速道路を利用した時に限り割引制度が適用されます。また手帳の有効期限を過ぎると割引制度が適用されなくなります。

そこで高速道路を利用する際には、手帳の有効期限を確認しておきましょう。
有効期限切れになってしまった、そろそろ満期に差し掛かっているのであれば、更新の手続きを取りましょう。市区町村役場に、福祉担当窓口が用意されているはずです。こちらで、更新の手続きができるはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETC

このページの先頭へ