IT革命によって急激に変化する私達の暮らし

「IT」とは、「情報技術(Information Technology)」の略です。Revolutionは革命を意味しますので、「IT革命」とは訳すると情報技術革命になります。コンピュータテクノロジーの発達により、社会のあり方が急激に変化することを言います。

近年のインターネットやスマートフォンの普及など、経済活動から家庭のごく身近なところまでコンピュータ化が進み、情報技術が革新的に進歩している様を表しています。
日本の場合は、1970年代から徐々に「IT革命」が進み、1990年代にはパーソナルコンピューターが一般的に使われるようになりました。

そして、パーソナルコンピューターではLANなどのネットワーク接続が可能になり、情報の共有化とともに複雑で高度な作業が可能になりました。1990年には、アメリカの軍事用に開発されたインターネット技術が民間にも普及するようになります。

世界中のコンピュータを接続することを可能にしたインターネットはその後世界中で爆発的に広がり、瞬時に大量の情報を仕入れることが出来るようになります。
IT業界は年々進化を遂げ、ブロードバンドの普及や携帯電話をコンピュータのように利用できるスマートフォンが普及することにより、電子商取引が急速に拡大しています。

インターネットの普及により急速に進化を遂げるIT業界ですが、非常に便利になったと同時にデメリットもあります。例えば、ネット上での犯罪の増加や、自然災害などで停電となった場合にすべてのシステムがストップしてしまう、また、コンピュータやインターネットを操作出来る人とできない人の格差などがあげられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ