クレジットカードの現金化も悪質商法の一つ

世の中には様々な悪質商法があります。例えば、ねずみ公といわれる連鎖取引販売のマルチ商法や、いくつかの訪問販売などがそれにあたります。

ITの普及により、悪質商法も多様化しているので注意が必要です。悪質商法のほとんどが、流行でお得な商法であるかのように宣伝をしているため、だまされている人が多いのが特徴です。その一つとして問題になっているのが「クレジットカードの現金化」というものです。クレジットカードは、ショッピング枠と現金枠に分かれています。

このショッピング枠とは、ショッピングをカードでして、そのショッピングの代金を翌月以降に支払う後払いのシステムです。現金枠とは、カードを通じて現金を借り、その借りた分の現金を支払います。

クレジットカードの中にはショッピング枠だけのものもあり、そのタイプのクレジットカードでは現金は借りれませんし、現金枠があるものでも、現金が利用できる限度額はショッピング枠より少ないものがほとんどです。そのショッピング枠を現金で利用できると謳っているのがクレジットカードの現金化です。

現金化には、CD-ROMなどの商品を業者から購入し、キャッシュバックとして現金を手に入れるキャッシュバック方式のものや、業者から直接商品を買い取り、その商品を業者が本人から買い戻す買取屋方式などがあります。

いずれも、現金を借りられる代わりに高額な手数料を支払うことになります。宣伝文句はとても巧妙で、合法であるかのような記載がしてあるところもありますので、惑わされないようにすることが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ