ショッピングをする際の意思決定の大切さとは

意思決定とは英語では「Decision Making」といい、最善の結果に結びつくためにいくつかの候補の中から最善の策を選択することをいいます。
意思決定は私たちの生活の普段の生活のあらゆるところで行われているものです。どんな細かいことも意思の決定を行わなければ先に進むことが出来ません。

経営学でも非常に重要ですが、その決定に対して失敗することは許されませんし、非常に合理的に行っていく必要があります。企業においては、普段の生活のように思い付きではなく、目標達成のため、沢山の情報の収集や正しい目標の認識など、意思の決定をする前に様々な調査を行う必要があります。

意思を決定するということは、生活のあらゆるところに存在しますが、買い物を例に取ると、事前に購入したいものをきちんと洗い出しておく場合と、何の考えもなしにショッピングをするのとでは、成功する率が変わってきますよね。

自分にとって、何が必要で何が必要でないのか、予算はいくらぐらいにしておくのか最初に仮の決定を出しておくことが失敗しないコツです。

企業においての意思決定は、会社を左右するとても大切なものですが、ITの多くの企業ではその力がまだ十分でないと感じている会社が多いようです。企業において1つの決定の失敗・成功など、その場の結果ではなく調査などの正しいプロセスを構築することこそが今後の失敗しないDecision Makingにつながるといえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ