投資者保護のため、インサイダー取引は禁止されている

インサイダー取引は株に関する不正行為であるというのはご存知の方も多いことでしょう。その別名を内部者取引ともいい、会社の関係者が内部の者しか知り得なかった未公開の情報に基づき、その会社の株式などの証券取引を優位に行うことができるようにすることです。

この場合の関係者とは、その株式会社と関連親子会社の役職員、大株主、そして会社関係者からその未公開情報の伝達を受けているものなどが該当します。これに違反すると、懲役刑となったり、罰金を支払うことになります。

インサイダー取引は、金融業界の信用を大きく損なう不公正な行為となり、金融業界全体の打撃となります。
内部者取引は、金融界においての公正性を保ち投資者を保護するため、金融市場の信頼のために禁止されています。

会社に勤めていれば、社内の情報が漏れ聞こえることも多くあるでしょうが、その事実が公に公表される以前に自社の株を売却したり、購入したりすればインサイダー取引となるので、注意が必要です。会社が吸収合併をする場合など、合併後は株価の上昇が見込まれるので、合併のうわさを聞いた社員が株式を沢山購入するのもこれに相当します。

その他にも、新製品の開発を中止するという事実を会議で聞いて、株を売却したり、その逆に近々新製品が発売されるという情報をもとに株を購入することなどもそうです。この場合関係者とは、重要な役職の人のみならず、パートやアルバイト店員なども該当します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ