社会貢献も出来る注目の投資信託、エコファンド

環境に関する取り組みは、地域だけでなく、企業単位でもどんどん進んでいますよね。エコに関する取り組みは、単なるボランティア的な意味合いのみならず、今後の企業としての発展に大きくかかわります。

太陽光発電やハイブリッドカーなど、エコに関する発明は日々進化しています。この取り組みは国も積極的に勧め、国民も大いに注目しているため、エコに対して取り組んでいる会社は大きく進歩する可能性が大きいのです。

「エコファンド」とは、環境保全に積極的な取り組みを見せ、ビジネスとして展開している企業に注目して、その株を積極的に買う投資信託の事を言います。
1999年に日興証券が「エコファンド」を売り出し出したことをきっかけに他社も同様のプランを続いて売り出し、注目されるようになっています。

このファンドはテーマ型投資信託の一つで、直接個人が債権を買ったり運用するのではなく、運用を投資会社に一切任せてしまうものです。一つの企業の株だけでなく、いくつかの企業の株や債券をセットにしてリスクを分際して販売している運用方法になります。

「エコファンド」は、自信の利益のみならず、社会に貢献する姿勢の高い企業に積極的に投資しようという今まで投資に興味がなかった人たちにも働きかけ、意識の高い市民の間でかなり人気となっています。販売当初順調な売り上げを見せ、純資産総額は2000億円以上でしたが、日本経済が長引く不況に見舞われ、その後は、思ったよりは低迷を続けている状態が続いています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ