円高のしくみと日本経済との密接な関係について

よくマスコミなどでは、円高・円安と騒いでいますよね。円高とは、他の通貨に対して円が高くなっていること。円安とはその逆になり、他の通貨にたいして円が安くなっていることをいいます。一般的には世界通貨として取引されるアメリカのドルを指標に、1ドルに対して円がいくらになるかという基準で表されています。

通常、自国の通貨が高いということは、国が世界に対して強いことを表す場合が多いのですが、必ずしもそうでない場合があります。日本では、円高不況という言葉があり、経済は打撃を受け、不況の原因の一因であるとされています。

円が高い状況が続くと、国内での人件費や材料費が高くなり、輸出品の値段が跳ね上がるため、輸出企業が大打撃を受けます。電気や自動車といった日本の経済を担う輸出企業が不景気に陥るため、経済全体が悪化していきます。

さらには、日本国内で、自国の製品が高価になり、それとは逆に輸入品の価格が減少することから、国産品の需要が海外だけでなく国内でも伸び悩み、国内産業を担う企業もどんどん不景気になって行ってしまうのです。日本の企業も、不景気回避のために、海外に流出する企業がますます増え、さらに景気が悪化していくことになります。

しかし、このような円が高い状況も、必ずしも悪いことばかりではなく、消費者レベルでは得することもかなりあります。輸入品をかなり安価で購入できますし、海外旅行にも安くいくことが出来るようになりますので、消費者レベルでは恩恵がかなりあると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ