円安にはメリット・デメリットの両方が存在する

円安とは、ドルやユーロなど、諸外国の通貨に対して円の価値が安くなることを言います。ドルに対して円の価値が上がれば円高。ドルに対して円の価値が下がれば円安となります。

たとえば、あるとき1ドル100円だとします。1ドルに対して円が110円になれば円高。1ドルに対し90円になれば円が安くなったと言えます。円が安くなるという事は、世界の通貨に対し貨幣価値が低くなるということになりますので、国の勢力が衰えるイメージがありますが、必ずしもそうではありません。

様々なメリットがあり、デメリットもあります。まずメリットですが、日本の大企業の輸出製品が海外において安く購入することが出来るようになるため、輸出製品の売り上げが伸びる傾向にあります。また、通貨価値の下落によりデフレへの懸念が軽減されます。

一方のデメリットですが、輸出産業は潤いますが、逆に輸入産業にはかなりの打撃になります。日本の場合、多くの企業は資材を海外から仕入れており、資材の値上がりにより商品の値段が上がるところが多く、輸入品や国産品に置いても価格の上昇がみられます。そのため、国内でインフレにつながる傾向があります。

通貨が安くなるには様々な原因があり、その原因によって、円安が喜ばしいことかを判断する必要もでてきます。

まず、株価が上昇すると円は安くなる傾向があります。また、日本の景気のみならずアメリカの景気によっても変わってきます。変動の原因が、日本であるのか、諸外国であるのかというのも大切な要素になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ