小売店が自由に価格を設定できるのがオープン価格

オープン価格とは仕入れ価格を下限として小売業者が自由に販売価格を設定する方法のことです。これまで、建値制という販売価格の決定権をメーカー側が持っている方法で取引することが多かったのですが、小売業者の価格競争によって価格の下落率が著しくなってしまいました。

そのために、メーカーが希望する小売価格の維持が難しくなりました。その結果、この方法がとられるようになりました。
商品の価格にはメーカーの希望小売価格、販売価格、ディスカウント価格などいくつかの種類があります。

たとえばディスカウントショップや大型量販店などで購入を検討する場合、メーカーの希望小売価格からどのくらい安くなっているのかを目安にすることが多いです。
オープン価格の導入には二種類あって、型落ちした製品に設定する場合と製品の発売当初から設定する場合があります。

メーカー側にとっては、希望小売価格を設定しても小売店の価格競争によって販売価格が極端に下落してしまうと、メーカーや商品に対するイメージが悪くなってしまう可能性がありますので、どちらの場合でもメリットであると言えます。小売店にとっても自由に価格設定ができますので商戦を考えるとメリットです。

しかし、消費者側からするとデメリットの部分もあります。定価からのディスカウント率によって型落ち品なのか人気のない商品なのかなど製品選択の判断材料のひとつにしていました。しかし、オープン価格になると、どの程度安くなっているのかの判断がつきにくく、事前に情報収集をしなければ購入しにくいというデメリットもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ