家計管理で固定費を見直せば貯蓄を増やすことができる

家計をやりくりすることは毎日の生活を安心して送るためには大切なことです。家計管理はそのための基本的な活動です。個人の家庭生活には収入無ければなりません。給与、利息、家賃収入、年金など多くの収入源がありますが、支出のための費用はこれらから賄われることになります。

収入額が不明で欲求のままに支出をしていると、収支のバランスが崩れて費用が不足してしまうこともあります。
家庭といえども経済活動をするためにはお金が必要です。収支が不明で毎月の費用が不足すれば、借金の必要性も出てくるのです。

そうならないためにはしっかりとした 家計管理が必要なのです。もっとも簡単な管理方法は家計簿への記載です。毎日、毎月の収入と出費の流れが把握できるようになります。しかし、クレジットカードや自動支払い、プリペイド式カードへのチャージなどを利用しているとレシートの記載だけでは不足してしまいます。

家計管理には固定費と流動費を考える必要があります。収支の流れが見えるようになれば貯蓄を増やしたり、万が一の場合の補填費用としてストックをしたりすることができるようになります。
家計にはどうしても削れない費用があります。

実は食費や医療費などの流動費よりも固定費を見直す方が管理はしやすいのです。固定して支払っている費用で不要なもの、節約できるものを見直せば、その後は節約できた費用分は預貯金として活用することができます。もちろん衝動買いも控えることは必要です。購入にあたって必要度を考えることで無駄な出費をおさえることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ