割賦販売とクレジットカードの分割払いについて

商品を購入する場合、現金での支払いが難しいことがあります。特に高額な商品や手持ちの現金が足りない場合には、分割払いで購入をすることができます。割賦販売というのは分割払いを前提にして商品を販売する方式を指します。

クレジットカードで支払う場合には、2カ月以上の期間に3回以上の分割をして支払う方法を割賦販売と定義づけています。このような方法を利用すれば高額な商品でも消費者に販売しやすいので、売り手にとっては大きなメリットともいえます。買う側にとっても必要な商品を購入しやすいので、計画的な支払いさえできれば、双方にメリットのある方法です。

割賦販売は自社割賦、ローン提携販売、割賦購入斡旋、前払式特定取引などにわけることができます。自社割賦は通信会社などでよくおこなっている方法で、販売業者と購入者が直接取引をしている場合に利用されます。会社によっては分割手数料がかからないところもあって便利です。

ローン提携販売や割賦購入販売の場合には、両者の間に他の金融機関が介入しますので、利息や手数料の確認が必要です。
前払式特定取引は商品の購入というよりは、冠婚葬祭の互助会・友の会などの会費であることが多く、いざというときのための毎月の積立金という考え方もできます。

ただし、貯蓄とは異なりますので、長期間払い続けたとしても金利がつくことはありません。支払いが長期になることが多く、負担になってしまう場合もありますので、必要性を考慮して加入することが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ