有望企業の株式を購入すると資産運用になる

会社組織の多くが株式会社として経営をしています。会社を立ち上げたり、運営したりするために必要な資金を調達する方法が株で、必要な資金を少額に分割して証券として発行します。そして会社は出資証券として発行します。出資証券を購入することで、その企業の運営資金の一部を肩代わりすることになるのです。

直接経営に携わることはなく、間接的に経営に加わることになります。購入は誰でもできます。かつては株券を保有する形式が摂られていましたが2009年よりコンピュータ上に登録をするデジタル管理形式に移行されました。

特に大企業は、広く一般資金を集めるために上場という形をとります。出資証券は証券会社などで購入することができ、多くの人から資金の調達ができます。もうひとつ社債も発行しています。このふたつには大きな違いがありますので、購入する際にはメリットとデメリットの確認が必要です。

株式は出資証券という有価証券を購入します。株主は購入した額の負債を負うリスクがあり、一方の企業側には購入者に対しての返済義務は生じません。手放す場合には、売却という方法をとります。社債は借用証券という有価証券です。

ただ、会社の利益を配当金として受け取る権利がありますので、経営状態の良い会社に出資をすると資産運用に役立ちます。この場合には会社に対する出資ではなく資金を貸しているという形式になります。そのため、企業は社債の所有者に対して返済をする義務があります。手放す場合には、売却することができますが、換気・償還手続きをすれば費用は変換されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ