基準割引率は日銀が融資するときの基準となる金利

基準割引率とは日本銀行が民間の金融機関に貸すときの基準となる金利で基準貸付利率ともいいます。日本銀行は民間の金融機関に対して融資をするのが業務の一端となっています。

民間の金融機関が定められた条件のもとで、制定した担保の範囲内で日本銀行から融資を受けることができる制度に対して適用する金利のことを示しています。
かつて公定歩合と呼んでいた金利は、国内の経済のバランスを保つために大切な役割を担っていました。

公定歩合は日本銀行法で使用されているのですが法律用語ありません。正式な言い方は基準となるべき割引率と基準となるべき貸付利率を総称といいます。公定歩合は金利が規制されていた時代に、預金などの金利と連動していたことから使用していた名称で、民間の金融機関の金利の基準となっていました。

この時代には、公定歩合が下がれば買付金利が下がり、公定歩合が高くなれば貸付金利が上がるという図式になっていたのです。また、為替レートも同様で、公定歩合が上がると銀行の金利が上がり円高になるという関係になっていました。銀行の金利や為替に大きく影響を及ぼしていました。

しかし、金利が自由化になったことで、連動することがなくなり基準割引率という名称に変わったのです。公定歩合は金融政策としての役割を果たさなくなりました。しかし、日本銀行の政策金利として補完貸付制度が創設され、無担保コールレートに上限を設け、短期市場の金利の安定性を確保しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ