基準貸付利率は日銀が市中銀行へ貸付ける金利

全ての銀行は同列にあるわけではなく、日本における金融機関の大元は日本銀行です。日本銀行は市中銀行に貸付を行なうことで利益を得ているのです。基準貸付利率とは、この時の基準金利のことをいいます。日本銀行の規定によって利率は決定されています。

毎月2回開催される金融政策決定会合によって利率の決定がなされています。
政策金利によって公定歩合を操作することで経済効果を得ることができます。たとえば公定歩合を下げると民間の金融機関が資金調達にかかる資金のコストを抑えることができます。

それによって民間の金融機関が一般企業に貸付をする時の利率を抑えることもできますので、経済効果を得やすくなります。公定歩合を操作することで通貨の流通具合を調整し経済のコントロールをしているのです。

しかし、金利の自由化が行われるようになり、預金金利と連動することがなくなり金利政策としての意味が薄れてしまいました。また、日本銀行は公定歩合を適用した貸出を政策金利には用いないという判断をしたことも手伝って、金利政策を基準貸付利率という言葉に変更しました。

金融市場で毎日行なわれている取引のうち、短期金融市場の金利に最も影響を及ぼしています。そのため公開市場操作の調整をする補完貸付制度の適用金利にもなっています。公定歩合という用語は法律用語ではなく日本銀行法で使用されている用語で、正式には基準となるべき割引率と基準となるべき貸付利率を総称して使用しているものです

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ