規制緩和によって経済活性化のメリットが増える

政府は国内の安定のために経済活動においての自由な市場競争の公的規制をおこなっていますが、これを緩和したり廃止したりすることを規制緩和といいます。規制することは必ずしも政府の圧力によるものではありません。国民が安全に、健全な経済活動をすることができるよう定められているのです。

しかし、時代の変化によって規制が利益をうまない状況になり、既得権益保護の立場から規制緩和をするようになりました。そこで、不要であると判断されたものについては廃止や緩和策をとっています。
基本的に自由競争の実現、生産性の向上、技術革新などが目的となっています。

金融機関のサービスが多様化することで、利用者の選択肢が拡がりましたが、利用者である国民にとっては自己責任の割合が高くなったともいえます。タクシー台数の制限が撤廃され、酒類免許制度が撤廃されて、自由競争が起こっています。価格やサービスなど各社で様々な取り組みがされています。

金融における規制緩和の例としては資金の供給量を増やすために金利を下げるということがあります。また、金利が下がると円が安くなる傾向が強くなります。そして円安は株価の上昇を招く確率が高くなるのです。机上論では経済の活性が期待できるようになります。

あくまでも机上論ですから、現実に円安株高になって経済が活性化し国民のすみずみまで潤うようになるには時間もかかりますし、弊害も危惧されます。しかし、規制をできる限り排除することで経済活性化のメリットが期待できるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ