現金不要のキャッシュレス社会では自己管理が重要

手持ちの現金が少ないと買い物に行ったときに心配になりますが、お財布の中身が淋しくても心配することなく生活化できる社会になりました。キャッシュレス社会の代表として利用が多いのはクレジットカードです。全ての買い物をカード払いにする人がいますが、実際の支払いは月遅れになります。

また、契約している口座に入金されていなければ、マイナス決済となってしまい、例え一回払いの契約でも利息が発生してしまいます。カード決済は衝動買いをしても現金がその場で動きませんので請求書を見て愕然とすることもあります。クレジットを日常的に利用している場合には計画性が非常に大切です。

一方、キャッシュレス社会の新顔として携帯電話の普及によっておさいふケータイが一般に普及し始めました。コンビニや自動販売機で利用することができ、携帯電話とは別にお財布を持つ必要がなくなりとても便利です。

利用できる店舗も格段に増えていますので、使い方次第では、携帯やスマホさえあれば資産管理までできてしまうのがキャッシュレス社会の特徴となっています。
また、プリペイド型電子マネーの普及も進んでいます。プリペイド型はカードに事前に入金をしておくタイプで、残金がゼロになれば買い物ができなくなります。

入金した金額分しか買い物ができませんので、無駄遣いしにくく、ある意味では安心です。また、買い物をした後に専用機にカードをかざすだけで決済ができますので、レジでもたつくことがなくスムーズです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ