キャピタル・ゲインで得た収益には継続性はない

キャピタル・ゲインとは資産の価値の上がりによって得られた収益のことをいいます。資産には、土地、建物、株、公社債などがあります。価格が変動する要因は市場取引です。たとえば、株、債券、投資信託などを売却して得た利益、外国為替証拠金取引や商品先物取引などによって発生した差金決済による利益があります。

土地・建物、ゴルフの会員権、骨董品の売買によって得た収益もキャピタル・ゲインです。金の価格変動によって貴金属の売買をする人が多くいますがこれも売却益としてカウントされます。

このような資産運用で得た利益は原則として課税対象です。おこづかい程度ならともかく、多額の収益を得た場合には、申告をしなければならないケースもあります。株や債券などの取引においては損失が発生することもまれではありません。

このような場合にはキャピタル・ロスといいます。投資した資本が大きいほど収益率が大きくなりますが、価格の下落・崩壊があると投資額が大きいほど損失も大きくなります。
また、投資をして得られる利益にはキャピタル・ゲインとインカム・ゲインがあります。

インカム・ゲインとは市場取引価格とは別に、投資対象から直接得られる利益のことをいいます。このような場合は継続して安定的に収益を得ることが可能です。簡単に言えば、持っているだけで利益が発生し続けるものがインカム・ゲインなのです。この場合も課税対象となりますので、申告が必要か否かは税務署への相談が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ