金融機関には公営と民営があって業務が異なる

金融機関はお金にまつわること全てを取りまとめています。預ける、借りる、資産運用をするための各種の商品を取り扱っています。具体的には銀行、証券会社、保険会社などがあります。銀行の中でも、日本銀行と市中銀行とに分けることができます。市中銀行にも民営と公営とに分けられます。

日本銀行は日本におけるすべての金融に関わる企業のトップに位置していますが、一般の人が利用することはできません。他の機関に資金を融資することが主な業務となっています。

民営の銀行は預貯金を主な業務としていますが、都市銀行・地方銀行などの普通銀行、信託銀行があります。また、中小企業を主な得意先としている信用金庫、信用組合などがあります。公営の金融機関というのは公共事業に関わる業務が中心になっていている日本政策投資銀行や金融公庫、基金などがあります。

長らく郵便局がありましたが、民営化によってゆうちょ銀行となり民間の企業として仲間入りをしました。なお、郵便局として業務をしている店舗は、厳密には金融機関ではなく、ゆうちょ銀行やかんぼ生命の窓口業務のための機関という位置づけになっています。

預金業務をおこなっていない機関もいくつかあります。保険会社がこれにあたり、生命保険、損害保健、証券会社などが含まれています。ノンバンクもここに含まれます。業務をするには、行政による許可、認可、登録をした法人であることが必要です。無許可での営業は闇金と呼ばれ、法外な手数料や利息をかけていることがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ