金融市場とは必要な資金を貸し借りできる場

お金は収入があれば支出することができます。欲しいものや必要なものはお金がなければ入手することができません。大きな買い物をした、事業において現金が不足するといった場合には、金融機関から資金を調達して業務を展開します。

金融市場とは、このような場合に資金を借りたり貸したりするマーケットを指します。大きく2つのタイプがあります。取引後、満期までの期間が1年未満の商品を短期金融マーケットといいます。

銀行、証券会社の他、地方の公共団体、国、企業が参加しているもので金利の調整などを行ないます。さらにインターバンクマーケットとオープンマーケットに分類することができます。金融機関しか参加することができないのがインターバンクマーケットで、一般企業も取引をできるのがオープンマーケットです。

もうひとつのタイプは長期金融マーケットで、満期までの期間が1年以上である商品のことですが、証券マーケットと短期マーケットを合わせた呼び名となっています。
また顧客マーケットは金融機関と利用者との間で取引が行わる貸出・預金の取引のことです。

対して証券マーケットは誰もが参加することができますが、取引する証券が株式か公社債かによって異なっています。経済の発展や金融機関の発達によって発生した金融市場は、消費者が貨幣を使用して積極的に商品やサービスを購入することで刺激をうけ、その結果として経済の成長や安定がはかられ、さらに拡大することができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ